ジャミ子!

未亡猫ジャミ子の日常&亡夫猫グレイの思い出

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  JWordクリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

先月の治療経過

ジャミ子、それなりに元気です。
腎臓が悪いのは事実なのですごい元気と言うわけではないのでしょうが
とりあえず本猫自体は今までと変わらず。

なんとか19歳の誕生日を迎えたんじゃないかと思います
(たぶん8月生まれ、としかわからないので)

jamil031.jpg
ピンクのさらふわ毛布でお祝い



8月の通院は来週なので今からドキドキです……



6月~7月までの治療経過を自分メモ代わりに書いておこうと思います。

・痙攣

深夜の1時過ぎごろに突然痙攣が始まりました。
体の右側を下にして足を投げ出してベチャーンとベッドの上に寝ていたのですが
いきなりそのまま体が上下にバウンドする感じ。
もう本当にびっくりです。
バウンドした勢いでベッドから落ちてしまい、ベッドの下の床でさらにしばらくバウンド
だいたい1~2分程度だったんじゃないかと後から考えると思うのですが
あの時はもう本当に長い時間に思えました
なんとかベッドの上に寝かせて、痙攣がおさまると
箱座りのような体勢で座り息が荒くなって鼻も真っ赤でした

かかりつけのお医者さんの提携先の夜間訪問救急に即電話
1時間くらい経ってマンションの玄関に救急カーが到着
診ていただくまでに痙攣も再発していなかったので
むしろ幸いなことに今できることは無いです
とのことで、万一の再発に備えて座薬をいただきました

もちろん翌朝は朝イチで病院へ!


・ベッド
今の家に引っ越してきてから ジャミ子のベッド=私のベッド でして、
シングルのスノコベッドにトゥルースリーパー(私のためでなくジャミ子のために購入;;)敷いて
その上がジャミ子の縄張りなのですが
私はジャミ子のいない部分のすみっこに小さくなって寝させてもらってます(^^;
なので低いベッドではあるのですが、ベッドから床まで30cmくらいはあるので
痙攣しながらフローリング床に落ちてしまって本当にどうしようかと思いました
今はベッド下の床に毛布を敷き詰めています


・治療

6月の数値くらいだと、輸液や点滴ということになる猫さんが多いようなのですが
ジャミ子はどちらもしませんでした。今もしていません。

先生にはまず、
腎不全の治療について移植とか透析とかなら大きい病院を紹介しますが
なかなか一般的ではないとの説明をうけて
それから、一般的には食事療法、投薬、輸液・点滴・注射などがありますと説明を受けて

でも……ジャミ子は凶暴大暴れなので先生と相談の結果
点滴や輸液は今の段階では本猫のストレスと天秤にかけるとやめたほうがいいかも
まずは投薬と食事療法でと言うことで1ヶ月やってみることにしました。

・療法食
腎サポと腎サポスペシャルの試供品をもらって食べさせてみると
そこそこ食べるけど食いつきがイマイチ
ネットでキドニーケアとkdと腎ケアとアニモンダを買ってみると
キドニーケアがよく食べるのでキドニーと腎サポを半々混ぜてあげています
わりと普通に食べます。実にありがたいことです!
たまに食いつきの悪いときもあるんですが
しつこく口元に持っていくとヤケクソのようにバリバリ食べます(苦笑)

・お薬
エースワーカー0.5というのをもらいました
降圧剤とのこと
飲ませるのは格闘の末結局無理だったので、
ネットで見た シーバの中味をくりぬいて薬を埋め込んで食べさせる方法 で大成功!!
錠剤を3つに砕いてシーバの中に埋め込みます
埋め込むだけだとこぼれちゃうので
シャンペットプロと酵素の粉をH40で練ってそれでシーバにあいた穴を埋めてあげてます。
なので1日3粒シーバを食べています

・体重
普通、年をとってくるとやせる・腎不全もやせる、らしいんですが
ジャミ子は何故か、最近若い頃のMAXと同じくらいになっています…

私の記憶にあるジャミ子若い頃のMAXは3.2kg
11歳ごろから少しずつ落ちてきて
去年の春先には2.9~3.0くらいだったよな??って感じなのですが
今は3.4kgあります……

えーーーむしろ若い頃より重い?
しょっちゅう体重測ってはいなかったので
実際若い頃に3.4くらいあった時もあるのかなーとは思うんですけど…

太る病気ってあるんですか?と先生に聞いてみたのですが
むしろやせるほうが心配なのでこのくらいなら大丈夫とのこと。
3.4以上にさらに増えるわけでもなくここ数ヶ月キープしているので
肥満の心配もとりあえず大丈夫なようです。

・コウケントー
光線治療器です、こんなの↓
jamil032.jpg
ジャミ子とグレイが来た頃に母が腎臓病で入院していて
退院後に母用に購入した機械なんですが
その後家族みんな人間も猫もこれの光に当たるようになりました。
母はステロイドを飲まないと透析になると言われてステロイドを飲んでいたのですが
ステロイドの副作用もなく、腎臓は寛快になりました。今も透析無しで元気です。
あと、母が帯状疱疹で皮膚科に行った時にはもう投薬は今からでは遅いので無理と言われ
首から肩まで酷かったんですが1ヶ月くらいはかかったんですが光線だけで完治しました。
私はそんなに大病はしてないんですが、風邪も火傷も傷とか捻挫ぎっくり腰も全部これで。
病院は歯医者以外はいつ以来行ってないかなー?と言う感じなので
猫にも!!と何かあると当てていました

でも元気な時は人間も猫も当ててなかったんですよね…
健康維持に普段から当てておくと良いって話なのはわかってたんですがつい面倒で…

これを痙攣した日から毎日2時間くらいはジャミ子にあてていました。

病気に合わせて色々なカーボンを組み合わせて発光させます。
人間用の指導書なのですがそれを参考にしつつ腎臓用と肝臓用のを当てました。

あたってます↓
jamil033.jpg

効果のほどはわからないのですが、
輸液無しで1ヶ月で少し数値も下がったので今後も当て続けようと思ってます。

暖かくて気持ちいいらしくジャミ子は嫌がることは無いです。
グレイはジャミ子ほどは好きではなかったので個体差があるんだろうなー
 < 当たるのが好きかどうか
ジャミ子は人間が当たっていると機械と人間の間に割り込んで自分があたったりしてました
   
  JWordクリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 未分類

[edit]

page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。