ジャミ子!

未亡猫ジャミ子の日常&亡夫猫グレイの思い出

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   
  JWordクリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

四十九日・ジャミ子の血族?

今日はジャミ子の四十九日でした。

今頃はグレイとまた仲良くくっついているのでしょうか。

CIMG2373.jpg
CIMG2374.jpg
CIMG2375.jpg

2にゃんで楽しくやっていてくれるといいなーと思います。




昨日、ジャミ子とグレイの出身地、愛知県の犬山市に行ってきました。

グレイが亡くなった時 ジャミ子もいなくなったらもう一度あそこに行こう そう思いました。
できればその日がいつまでも来なければいいのにとは思っていましたが、自然の摂理からしてやはりそうもいかずその日は来てしまった~という感じです。


当時友人の住んでいた家まで最寄り駅から友人と2人でぶらぶら歩いてきました。
当時は道の途中、駅→畑→住宅街→友人の家 と言う感じだったのですが
畑が3分の1~半分くらいが無くなっていて建売住宅や更地になっていたり
新しい道が出来ていたりとやはり色々変わっていたのですが
友人の住んでいた家はそのままで周辺もあまり変わっていなかったので
あのあたりをジャミ子が歩いてきたねーとかあのベランダをグレイが探索していたねーとか
本当に懐かしい気持ちでいっぱいに。
それにしてもお互いすっかりババになったねーと苦笑い。

家と周りを見た後駅までの帰り道。

ジャミ子を拾った頃のことなのですが
駅のわりと近くの道の脇の畑と民家のある場所に
当時のジャミ子と同じくらいの大きさでそっくりな柄の子猫と
やはり同じような柄の母猫らしき猫を見かけました。

その場所がはっきりとは思い出せなかったのですが
行きも帰りもこのあたりかなーちがうかなーと探して歩いていました。

でもたぶんこの辺だったのかなあ、と思った駅の近くの畑と民家の場所に
sison_s.jpg
猫が!!猫がいました!!

あっ!猫がいるよ!!しかも茶トラ!!ハチワレだ!
もしかしたらジャミ子のお母さんや兄弟たちの子孫かもしれないね

そんな話をしつつ写真を撮りながらそっと一歩近付いてみましたが
猫はサッと逃げて民家の柵の中に入っていってしまいました。

近寄ってきてくれないかな~なんてちょっと期待してしまっていたのですが
これで良かったのかもしれません。
もし近寄ってきてくれたりしたらきっとその場を離れられなくなってしまうだろうし、連れて帰りたくなってしまいそうだから。

sison.jpg
sison2.jpg
最近写真を撮るのにスマホしか使っていなかったのでデジカメを持っていくのをすっかり忘れていまして
距離が遠いので望遠で撮りたい!!と思った時にデジカメ忘れたのに気付きました……
とりあえずスマホのズームで撮ったけど……やっぱり望遠はデジカメのほうが全然いい…
本当に後悔しきりです…
目が結構近眼なのに裸眼で生活しているので一応持っている眼鏡も持ってきていなかったので
どんな猫だったのかハッキリ見えなかったからせめてデジカメの望遠があれば…と本当に悔やみました~(>_<)
↑スマホズームで撮った写真を見ると、右目側には雑草がかぶって写ってるけど左目どうなってるのかな?といまいち画像の荒い写真にがっかりです(^^;


もしかしたらいるかも、いたらいいなあ…とは行く前から思ってはいましたが
まさか本当にいるとは思っていませんでした。

友人いわく、駅前のあたりには当時はたくさん猫(野良?)がいたそうです。
でも昨日はこの子以外にまったく見かけませんでした。
建売住宅建設中だったりきれいな道が出来ていたり畑が整地されていたり
…と、その過程で野良猫は役所の人などに連れて行かれてしまったのかなと
友人とそんな話をしました。

たった1匹だけいてくれた猫が茶トラのハチワレだったのは、
私には本当に涙が出るほど嬉しかったです。


昨日は日帰りだったので時間もあまり無く
そこだけ見た後友人と食事をしてすぐに帰ってきてしまったのですが
またそのうち見に来ようねーなんて話もしたので
次に行く時は友人がグレイを拾った道に案内してもらおうと思います。






先ほど駅前の畑と民家のあたりに当時ジャミと似た柄の親子がいたと書いたのですが
その時、彼らが野良猫なのかそこの家の猫なのか飼い猫では無いけれどご飯だけはもらっている猫なのかということはわかりませんでした。

駅から友人の家までは500m弱くらいの距離。
もしかしてここの子なのかも!?と思ったのですが結局私はそのままジャミ子を連れてきてしまいました。

ジャミ子が友人宅周辺に来るようになってから半月くらいは経っていたらしいし、
昨日友人に聞いたのですが当時駅に猫探しのポスター等もなかったので
やはり野良かご飯をもらっているだけの猫だったのでしょうか。

もう20年前後経ってしまっているのに
もしかしてあの時誰かが探していたのかな…と
数年前ジャミ子が病気になった頃からそんなことを急に思い出して今更申し訳ない気持ちになったりもしています;;




30日0:25追記

ブログ拍手からコメント下さったHさん
ほんとにもう一度会いたいですよね…大事な子を亡くした気持ちを共感して頂けるのは本当に嬉しいと言うか心強いです、ありがとうございます!
いつまでも悲しんでいてもあの子達は喜ばない、本当にそうですよね。
お互い可愛い子を笑顔で思い出すことができると良いですよね!!

前々回ブログ拍手からコメント下さったRさん
コメントありがとうございました!
りきちゃん、Rさんとご家族に大事にされてきっと幸せだったと思います。りきちゃんのご冥福をお祈りします。
本当に介護は大変ですよね。うちは皮下点滴1日1回でしたが2回ですと本当に大変でしたよね。
うちも通院は週2回でしたがこれもやっぱり大変ですよね。
でも今となってみればもう少し…というRさんのお気持ち、本当にものすごくわかります、私も同じ気持ちです。
Rさんは日数的に私よりもさらにまだお辛い頃かと思いますが、お互い徐々に笑顔で思い出せるようになるといいですね。

前回ブログ拍手からコメント下さったTさん
コメントありがとうございました!
タラちゃんいなくなってしまったなんてさぞかしお辛いことと思います。
ブログ拝見させて頂きましたがタラちゃん本当に幸せそうなお写真ばかりですね!
きっとタラちゃんは幸せだったと思います。
これからもまたブログにお伺いしますね!
   
  JWordクリック募金

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 未分類

thread: 猫のいる生活

janre: ペット

[edit]

page top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。